採用にどれくらい無駄な時間をかけていますか?

VCVは採用業務プロセスの効率化を目的に、 御社のターゲットに相応しい人材のスクリーニング 応募者に対して音声認識機能とチャットボットを用いた連絡の自動化 実際に会う前にビデオ面接を実施、録画、分析する事が可能です

一人の採用にどのくらいの時間を費やしてますか?

250名の応募書類の中から3名の​面接受験者を選抜するのに要する平均時間は、従来の採用選考の方法では21時間ですが、VCVのシステムを活用することにより1時間に短縮できます。

VCV導入前:
採用選考にかかる
平均時間

  • 250名の職務履歴書(CV)チェックに 8時間
  • 50名候補者に対する電話インタビューに 5時間
  • 面接日程の調整に 1時間
  • 7名の候補者との面接に 7時間
  • 3名の最終面接者を決める

合計21時間

VS.

VCV導入後:
採用選考にかかる
平均時間

  • 250名の職務経歴書(CV)のチェックに 2分
  • 50名候補者に対する電話インタビューに 3分
  • チャットボットによる面接日程の調整に 3分
  • 録画された7名のビデオ面接の確認に 35分
  • 3名の最終面接者を決める

合計45分

どのように実現しているのか?

VCVのリクルーティング・ボットは年中無休、24時間体制で皆さまをサポートします。

チャット

VCVでは、面接前に簡単な質問をするための手段として、オンライン チャットまたは通話のどちらかを応募者に選んで​頂けます。

電話の自動化

VCVでは何時間もかかる通話を1分で行うことができます。自動で求人についての詳細を説明し、候補者の回答を分析・理解するために音声認識機能を用いています。

ビデオインタビュー

事前に設定した質問に候補者が答えている録画を視聴し、実際会って面接を行うのに最適な応募者であるかどうかの判断が可能です。更にVCVでは顔認識や予測分析テクノロジーを活用し、潜在層の採用候補者を探し出す事も可能です。

VCVシステムを活用しているクライアントの声

ビデオを見る

さらにVCVは データドリブンを常時実行することで、 皆さまをサポートします。 *データドリブンとはデータに基づいて判断・アクションをする事です。

当社システムの学習アルゴリズムにより、
将来見込まれる潜在層の応募者の分析も行えます。

予測分析

VCV活用により、従業員の勤務成績も予測できます。

VCVはあらゆるATSおよびHCMシステムと統合していきます。

準備中

企業経営が成功するかどうかは採用が重要です。
VCVは採用業務プロセスにおけるトータルサポートが可能です。

テストVCV
人とロボットの会話が成り立つと思いますか?

実現可能です。​弊社では応募者に対して音声認識機能とチャットボットを用いた連絡の自動化を実現しています。

VCVとSkypeはどこが違うのか?

Skypeは同時刻にオンラインで直接コミュニケーションを行う必要があります。 一方、VCVは事前に作成した質問に応募者が録画する方法となるため、 お互いオンライン状態でいる必要がなく都合の良い時に確認することが可能です。

どのような求人にVCVは最も効果的なのでしょうか?

VCVはエントリーレベルからマネージャーレベル(経営層)のポジションまであらゆるタイプの求人案件に適しています。